【心との向き合い方】人の悪口を言ってしまうとき

さて、何かトラブルがあって、誰かの事を悪く言いたくなるときってありますよね。
人間ですもの。あって当然です。

心理学用語に投影という言葉があります。
目の前に起こることは心を映し出すもの…と考えたなら、何故、今、私の目の前にそのような事が起きたのか、何故あの人のあの行動が許せないのか、考えてみませんか?
もちろんケースバイケースではありますが。

多くの場合、自分でしないように心がけていること、戒めていることを相手が簡単にしてしまっている(ように見える)時に人は悪口を言いたくなるのです。

そこから心の癖がわかります。
自分が何故その行動を自分に禁じているのかを考えてみましょう。
幼いときの失敗や親から怒られたこと。
そういったことを自分が引きずってはいませんか?

そして誰かに自分のことをわかって!というサインでもあります。

こちらについては次の記事に書きますね。

感情が揺れるとき、心と向き合うチャンスです。