2018 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

2018年チャネリングメッセージをお届けします。

光の御子たちよ。

昨年はよう頑張って来たな。

この混沌とした世の中において、自らが光を頼りに歩んできたこと、自身は気づいているであろうか。

確実に階を昇ってきたこと、我々は見ておったぞ。

その過程において、目の前を通りすぎ、縁遠くなってしまったものもおったかもしれぬ。

しかし、それを気負う必要はない。

そなたらが出会い、言葉を交わしたことで、その者の世界へと持ちかえったのであるから。

いずれ再び合間見えることもあろう。

そのときは温かく迎えてやるが良い。

双方にとっての学びの時期であったのだから。

 

年始、そなたらに伝えたいこと。

ますます時間(とき)が早くなっていくこの世界において、信用できるのはおのが感覚である。

それは我々からの贈り物であり、そなたらが持つもっとも信頼できるもの。

自らの感覚が是と言うならば、行動を起こすがよい。

しかし心の鏡が曇っておる場合は感覚を信ずることができぬであろう。

孤独という感覚は心の鏡を濁らすものである。

孤独なものなどおらぬぞ。

例え現世で一人であったとしても常世の広い視点から望めば一人ぼっちはおらぬのじゃ。

心の窓を、開いてみよ。

必ずや、道は開けよう。